一般社団法人
岡山県介護支援専門員協会
Okayama Care Manager Association
文字の大きさ
メニュー
各種様式・資料
広域連携のための入退院支援ブックについて

岡山県介護支援専門員協会内の医療介護連携推進委員会では、これまで「顔の見える連携」を推進し、平成31年度より『広域連携のための入退院支援ブック』を作成してきました。しかしこの1年、新型コロナ感染症対策として、医療機関・福祉施設では面談が制限され、必要な情報交流が難しい日常を私たちは過ごしています。ICT化を含めて、今後の望ましい連携像がどのようなものになるのかわかりませんが、それでも私たちケアマネジャーがご利用者の自立支援に向けたケアマネジメントを行うために、医療との報告・連絡・相談は重要と考えます。その一助として『広域連携のための入退院支援ブック』が少しでも役立つことを願っています。

記載されている医療機関は、この事業にご協力いただいた岡山県内の病院・有床診療所(休床中の医療機関を除く)です。

 

 

【使い方】

『広域連携のための入退院支援ブック』は、ケアマネジャー等が医療機関と連絡相談を行う場合に、連絡先や各医療機関のルール(連絡方法・退院調整・書類作成など)を確認し、支障なく調整を行える事を目標に作成しています。

 目次は、各市町村別に法人名を略した医療機関名の五十音順で掲載しております。病院と有床診療所に区分しておりますので、それぞれご確認ください。

 各医療機関によって、社会福祉士や入退院調整看護師等の所属先・業務内容は違いますので、該当医療機関のページでご確認の上で連絡調整をお願いします。

診療報酬改定は2年ごとに行われるので、その度に担当部署の名称やシステムが変更することもあります。日頃から関わっている医療機関も変更している可能性がありますのでその確認にご活用ください。

 

 

 

 こちらをご覧ください

   ↓↓    ↓↓

 

『広域連携のための入退院支援ブック』

 

 

月間アーカイブ
もっと見る
ページTOPへ